中小企業庁の「専門家派遣」を活用してみませんか?(1)

「ITを導入して業務のムダを無くしたい」
「後継者の育成や事業承継について考えておきたい」
「災害時の事業継続を計画したいけれど、どこから手を付ければいいかわからない」・・・

そんな悩みを持つ中小企業の皆様にご活用頂きたい制度が、中小企業庁の「専門家派遣事業」です。各分野の専門家によるコンサルティング・アドバイスを無料で受ける事ができます。
エフコムブログではこの専門家派遣事業について3回に分けて特集記事を掲載。第一回目の本記事では、専門家派遣の概要をご紹介します。

中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業

近年のビジネス環境はますます複雑に変化しており、企業の経営課題も高度化・専門化しています。このような背景の中で中小企業・小規模事業者の成長をバックアップしていくための中小企業庁の取り組みが「中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業(専門化派遣事業)」です。

どんな悩み事について相談できる?

創業・資金繰り・販路拡大から、海外展開・輸出管理、事業再生や経営革新、ITを活用した経営力強化まで、企業の経営に関わるあらゆる課題に対応。各分野の専門家によるコンサルティング・アドバイスが受けられます。

「専門家」ってどんな人?

税理士・弁護士・中小企業診断士などの公的資格を持った専門家はもちろん、マーケティング・新規顧客開拓・技能指導など各領域で高い実績を持つ専門家や、製造業・宿泊業など各業種に精通した専門家まで、豊富な人材が登録されています。
登録されている人材は全て、よろず支援拠点又は地域プラットフォームによる審査を経て推薦された信頼できる専門家たちばかりです。

費用はどのくらいかかる?

年度ごとに最大3回まで無料で利用する事ができます。ただし、年度の予算消化状況によっては年度末よりも前に受付を終了してしまう可能性があります。

いかがでしょうか?豊富な実績を持つ専門家の支援が受けられますし、何といっても無料で利用できますので、大変魅力的な制度ではないかと思います。

第二回記事に続きます。次回は専門家派遣までの流れと必要な手続きについて詳しく解説します。