F-COM エフコムグループ

  • ホーム
  • ものづくり補助金について
ものづくり補助金の公募が始まりました

平成30年(平成29年度補正予算)「ものづくり補助金」の公募が始まりました。公募期間は、平成30年2月28日(水)から平成30年4月27日(金)までです。

エフコムグループでは、福島県内のお客様を中心にものづくり補助金を活用したシステム開発・導入実績があります。 ものづくり補助金の活用をご検討中のお客様、是非エフコムまで一度ご相談ください。

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」とは?

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金 / もの補助)」は、 足腰の強い経済を構築するために、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援する補助金です。

最大1,000万円の補助金交付が受けられます

革新的なサービスの開発・試作品開発・生産プロセス改善を行うための整備投資等に対して、費用の1/2~2/3が補助金として交付されます。

①企業間データ活用型
上限額 1社あたり1,000万円
補助率 2/3
概要 複数の中小企業・小規模事業者(10社まで)が連携してお互いにデータや情報を共有する事で、全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトに対して交付されます。
②一般型
上限額 1,000万円
補助率 1/2以内
概要 中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービスの開発、試作品の開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資に対して交付されます。
③小規模型
上限額 500万円
補助率 小規模事業者以外の事業者の場合 : 1/2以内
小規模事業者の場合 : 2/3以内
概要 小規模な額で中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービスの開発、試作品の開発、生産プロセスの改善に対して交付されます。設備投資を伴わない試作開発等でも利用可能です。

補助対象になる経費は?

機械装置の購入など設備投資費の他に、専門家のアドバイスやコンサルティングを受けるための費用や、クラウドサービスの月額利用料なども経費に含める事ができます。

対象となる費用_もの補助2018

応募・申請のスケジュール

一次公募の締め切りは4月27日(金)です。応募書類の提出準備には一定の時間が必要になりますので、余裕を持ったスケジュール計画をお勧めします。

スケジュール_もの補助2018

申請のポイント

「革新性」が求められます

自社に無く他社でも一般的ではない、新サービス・新商品開発や新しい生産方式が求められます。
ものづくり補助金では「革新性」が求められます。地域の先進事例や、業種内での先進事例に該当するかどうか等、相対的な視点から革新性を示すことがポイントです。

「革新的サービス」の発想方法

顧客や取引先やから実現困難な要求をされていませんか?それは同業他社においても実現できていない、貴社にとってのビジネスチャンスに他なりません。 その困難な課題を解決する事が「革新的なサービス」の創出につながります。取引先や顧客の要望に応える事は、貴社の売り上げアップにも直結するでしょう。

ICTを活用した革新的サービスの創出

お客様の革新的サービスの創出を、エフコムグループがICTを活用して実現します。ものづくり補助金の交付申請を検討中のお客様、是非いちどエフコムまでご相談ください。
ものづくり補助金を活用したお客様のシステム開発・導入実績のご紹介

関連情報

当ページに掲載している内容は2018年2月18日時点の情報に基づくものです。最新の状況については下記の各サイトをご参照ください。

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募について(全国中小企業団体中央会)
ものづくり・商業・サービス補助金(ミラサポ:施策マップ)
PRチラシ・パンフレット (中小企業庁)