F-COM エフコムグループ

畜犬管理システム DogStaffPlusα


製品概要

原簿管理から狂犬病予防注射、帳票出力まで~自治体様の畜犬管理業務を大幅に効率化します

畜犬登録原簿管理

自治体においての『犬の登録・狂犬病予防』に関する事務作業を効率化するシステムです。
狂犬病予防注射申請書~狂犬病予防注射済票交付者名簿までの履歴を一貫して管理することができます。また、バーコードリーダーを使用することで注射犬の入力をスムーズに行うことができ、さらに別途オプション購入により、集合注射会場にPCを持ち込んで注射犬を登録することができます。

機能概要

住民情報管理

飼い主の住民情報を管理します。住記連携を行うことも可能です。

畜犬情報管理

畜犬情報の管理を行えます。予防注射の実施状況および苦情・咬傷などの情報を経年で履歴管理します。

帳票出力

「畜犬登録原簿」・「注射犬一覧表」など、情報に応じた帳票出力を行います。

データ出力

登録情報をCSV出力形式で出力でき、他アプリケーションでのデータ活用が可能です。

セキュリティ

ログオンの際にユーザID・パスワードで許可された利用者のみシステムの使用を可能とします。さらに、利用者ごとに「登録可」・「参照のみ」といった権限を付与できます。処理ログはユーザ・処理単位で履歴を作成します。

その他

登録犬だけでなく未注射犬に対しても、予防注射申請書(はがき等)を出力できます。

導入実績

全国100以上のお客様に、ご利用頂いております。
(旧バージョン含む)

システム条件

CPU:
各OSの最小クロック(OSが快適に動作するCPUを推奨)
必要メモリ:
各OSの最小メモリ+512MB以上
HDD:
5GBバイト以上のハードディスクの空き容量
ディスプレイ:
1024×768以上
バーコードリーダー:
キーボードインターフェースでCODE39が読み取り可能(オプション)
プリンタ:
ページプリンタ(A4サイズ印刷可能なもの)
OS:
Windows 7 Professional/Ultimate
Windows 8 Professional/Enterprise (8.1含む)
Windows 10 Professional/Enterprise
開発言語:
Magic uniPaaS V1Plus
データベース:
Actian PSQL V12 for Magic
その他:
注射会場に持ち出してデータを入力する際は『会場入力オプション』が必要です。